fbpx
 

<9/23更新>\旅行計画の前に/

カリブ海最新渡航情報

今年はどこに行く?そもそも旅行に行けるの!?
A. そんな心配はいりません!

カリブ海諸国の渡航制限も、続々緩和され始めています!そこで、南国リゾートの定番として人気の「カリブ海エリア」の規制緩和情報をまとめてご紹介いたします。今年の旅行をお考えの方は、旅行計画の前に要チェック!

▶︎ 「#旅ピ BLOG」で旅行体験談公開中!

<9/23>バハマの渡航条件が緩和されました。
<7/8更新>アルーバの渡航条件が緩和されました。
<5/2更新>タークス・カイコス諸島の渡航条件が緩和されました。
<4/16更新>ジャマイカの渡航条件が緩和されました。
<4/1更新>コスタリカとセント・マーチン島の渡航条件が緩和されました。
<3/24更新>アルーバ入国時のEDカードの申請が7日前から可能になりました。
<3/18更新>キュラソーの渡航条件が緩和されました。
<3/10更新>プエルトリコの渡航条件が緩和されました。

 

★海外から航空便でアメリカに入国する際に、検査証明書の提示が不要になりました。(引き続き、アメリカ滞在先に関する情報、一部の方を除きワクチン接種証明書・宣誓書の提示が必要です。)詳しくはこちら ▶︎

 

★カリブ海各リゾート内COVID-19検査情報 ▶︎
(予告なく変更になる場合がございます。その他のリゾートもお問い合わせください。)

 

Cancun(カンクン)

The Bahamas(バハマ) Aruba(アルーバ)
Jamaica(ジャマイカ) Saint Martin(セント・マーチン島)
Turks and Caicos Islands(タークス・カイコス諸島) Dominican Republic(ドミニカ共和国)
Curacao(キュラソー) Costa Rica(コスタリカ)
Puerto Rico(プエルトリコ)  

※掲載の内容は9/23現在の情報となり予告なく変更となる場合がございます。できる限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、最新情報は各国の各公式WEBサイトをご確認ください。
※現在地域により移動制限等が発表されておりますので、旅行に関する州および地域の推奨事項または要件現地大使館・総領事館からの安全情報をご確認ください。

 

The Bahamas バハマ

大型テーマパークホテルに滞在しながら、透明度の高い海でのマリンアクティビティ。豚と一緒に泳ぐことのできるエグズーマ諸島など、一風変わった楽しみ方が人気。

▶︎ 週刊NY生活にアムネットのコラムが掲載されました!

2022年9月23日より、ワクチン接種に関わらず陰性証明書の提示が不要になりました。

 

1. 2歳以上でワクチン未接種の場合のみ陰性結果の提示

2歳以上でワクチン未接種の場合、出発3日以内の陰性結果(PCR検査またはAntigenテスト)の提示が必要です。2歳未満のお子さまと2歳以上でワクチン接種証明をお持ちの方は陰性証明書の提示が不要となります。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Aruba アルバ

ベネズエラ沖に浮かぶオランダ領の小さな島で、年間を通してほとんど雨が降らない気候に恵まれている。綺麗なエメラルド色のビーチはまさに楽園。スキューバダイビングのメッカ。

▶︎ アルーバ特設ページはこちら

2022年7月8日より、アルーバ保険への加入が任意となりました。(引き続き陰性証明およびワクチン接種証明も不要)

 

1. EDカード取得

ウェブ上にて必要な情報を入力して頂き、EDカードを取得します。
https://edcardaruba.aw/
※0歳児から必要となります。
※入力ができるのが入国より7日以内~4時間前までになります。

ワクチン接種証明(18歳以上はブースター接種必須)、あるいはPCR検査(到着3日以内)または抗原検査(到着1日以内)の陰性証明の事前アップロードが必要です。(11歳以下は免除)

<Jetblueでアルーバに行くお客様>
家で行う唾液でのPCR検査もご利用になれますが、それ以外は正式な医療機関での綿棒での検査結果が必要です。

PCR検査の陰性結果は英語、ドイツ語、スペイン語のものが申請時にご利用頂けます。

 

2. アルーバ保険(任意)

2022年7月8日からアルーバ保険への加入が任意になりました。
www.arubavisitorsinsurance.com/
これは、アルーバ滞在中にコロナに感染した場合のコストをカバーする保険です。(金額の上限あり)
180日以内の滞在日数の場合、0~14歳は無料、15歳以上は$15です。
※保険加入が入国のEDカード取得の条件となります。
※入力ができるのが入国より7日以内~4時間前までになります。
※購入は、EDカード申請時に同時に行います。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Jamaica ジャマイカ

レゲエ音楽で有名なジャマイカ、中でもモンテゴベイは人気度の高いビーチリゾートとして有名。ダンズリバーの川登りなどの大自然が満喫できるツアーが人気。

2022年4月16日より、陰性証明およびワクチン接種証明のどちらも提示が不要になりました。

 

1. 渡航前に陰性証明書を取得・持参

到着日より起算して3日以内のCOVID-19検査の陰性証明書を提示。

 

2. 渡航前に申請・持参

事前にオンラインでTravel Authorizationを申請し、印刷したものを空港にて提示。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Saint Martin セント・マーチン島

島の中央を堺目に北がフランス領、南がオランダ領のユニークな島。アンギラを含め、3つの文化を一度に楽しめる。飛行機が頭上スレスレを飛行する光景が見られるオランダ領土のマホビーチは有名スポット。

2022年4月1日より、5歳未満のお子さまと5歳以上でワクチン接種証明をお持ちの方は陰性証明書の提示が不要になりました。5歳以上で未接種の場合は出発24時間以内の陰性結果(PCR検査)の提示が必要です。

 

1. 5歳以上でワクチン未接種の場合のみ陰性結果の提示

5歳以上でワクチン未接種の場合、出発24時間以内の陰性結果(PCR検査)の提示が必要です。5歳未満のお子さまと5歳以上でワクチン接種証明をお持ちの方は陰性証明書の提示が不要となります。現在セントマーティンへ入国するには、到着日から起算して72時間以内(ローリスクの国からの入国の場合は120時間以内)に受けた新型コロナ検査の陰性結果が必要です。10歳以上対象)
また、セントマーティン入国時にはトラベルビザが必要になります。10歳以上対象)
https://stmaartenehas.com/

飛行機で入国またはトランジットの方も、こちらで入国の許可を申請します。お子様も対象となり、申請してから許可が下りるまで12時間かかる場合がありますので、PCR検査結果が出たらすぐにアップロードし、申請を進めてください。(10歳以下のお子様は同伴されるご両親に含んでください。)
申請にはPCR陰性結果(10歳以下は免除)と保険の購入が条件となります。

事前に承諾されますとE-mailで確認証明書が送られてきます。入国時に移民局、空港で提示できるようにご用意ください。同時にオリジナルのPCRAntigenテスト結果も提示できるようにご用意ください。

ハイリスクの国から入国された方はご滞在中5日間E-mailを通し、モニターされますのでその都度回答を出すようにしてください。

<ローリスクの国一覧>2021326日版)
アンギラ、アンティグア&バブーダ、オーストラリア、バルバドス、バミューダ、BVI,ケイマンアイランド、中国、ドミニカ国、グレナダ、モントセラット、ニュージーランド、サバ、セントバーツ、セントキッツ&ネイビス、セントルシア、セントビンセント&グレナディン、シンガポール、シント・ユースタティウス、トリニダード
上記以外の国はすべてハイリスクの国とみなされます。

 

2. 保険加入

セントマーティン滞在中にコロナに感染した場合のコストをカバーする保険です(金額の上限あり)。
180日以内の滞在日数の場合、0~14歳は$10、15歳以上は$30です。
保険の購入は、入国ビザの申請時に同時に購入する形になります。
https://www.sxmprotectionplan.com/

 

3. 入国後COVID-19抗原検査

さらに、ホテル施設内でCOVID-19抗原検査を行うことができます。お1人様$55.00ですが、この費用もリゾートクレジットからご利用いただくことが可能です。

検査以外にリゾートクレジットはスパ、お部屋のアップグレード、ワインのプレミアム銘柄ボトルにご利用いただけます。(このサービスは4月5日までのご滞在のお客さまにご利用いただけます。)

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Dominican Republic ドミニカ共和国

カリブ海と大西洋に囲まれた国で、世界屈指のゴルフ場もあれば、カリブ海の真珠と呼ばれるほど美しいコバルトブルーのビーチもある贅沢なリゾート。

▶︎ ドミニカ共和国特設ページはこちら

1. 入国時にQRコードを提示

事前にオンラインより入国フォームを入力いただき、QRコードを取得してください。このQRコードとパスポートの提示により入国できます。COVID-19検査またはワクチン接種の証明を空港で見せる必要はありません。

 

2. 出国時にQRコードを提示

ドミニカ共和国から出国する前に再度上記のリンクにて出国フォームを入力いただき、QRコードを再度取得してください。出発チェックインカウンターでこのQRコードの提示が必要となります。すぐに承認されますので忘れた場合は空港で対処することもできます。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Turks and Caicos Islands タークス・カイコス諸島

世界トップ5に入るほどのビーチは透明度が高く、サンゴ礁が広がっているのでダイビングやシュノーケルのスポットが豊富。365日晴天に恵まれ、穏やかで過ごしやすい気候。

▶︎ タークス・カイコス諸島特設ページはこちら

2022年5月1日より、ワクチン接種完了済みの場合に限り、オンライン事前申請、保険加入、陰性証明の提示が不要になりました。(引き続きワクチン未接種の場合は入国不可)

 

1. 渡航前に陰性証明書を取得・持参

到着日より起算して72時間以内のCOVID-19検査の陰性証明書を提示。

 

2. 渡航前に申請・持参

事前にオンラインでTravel Authorizationを申請し、印刷したものを空港にて提示。

 

3. 渡航前に海外旅行保険への加入・持参

海外旅行保険への加入証明書、または加入済であることが証明できるものを空港にて提示。

 

タークス&ケイコス入国規制

下記オンラインでトラベル・オーソライゼーションを記入いただきます。

専用WEBサイトにアクセス
②E-mailアドレスを入れると、一回限りのユーザーネームとパスワードが送られてきます。
 申請用紙に情報及び健康状態に関して回答ください。
③PCR陰性結果をアップロードしていただきます。(ご到着日より起算して72時間以内に行った結果)
 10歳未満のお子様はCOVID-19のPCR検査は必要ありません。
④COVID-19にかかった場合ご自分たちの入院、医師の訪問、処方箋、航空救急車/メデバックなどが医療・旅行保険でカバーされる証明(保険証)をアップロードください。
⑤情報が正しいことに同意
⑥申請後、証明書が発行されますので、プリントアウトまたは画面上で表示できるようにして空港でチェックインしてください。この証明がないとフライトにご搭乗できません。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Curacao(キュラソー)

キュラソー産オレンジの果皮を用いたリキュールの産地として有名なキュラソー。アルバ島とボネール島と共にABC諸島とも呼ばれ、パステルカラーの街並みが特徴的な島。

2022年3月10日より、陰性証明の提示が不要になりました。

 

1. オンラインでキュラソー移民局EDカード(DIカード)の登録

https://dicardcuracao.com

 

2. オンラインでパッセンジャー・ロケーター・カードを登録

キュラソー到着48時間以内になると登録が可能。

 

3. 上記1・2の書類を印刷して携帯

上記1・2の書類はすべてプリントアウトをして滞在中も携帯してください。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Costa Rica(コスタリカ)

中米の楽園・癒しの楽園と呼ばれ、さまざまな生き物たちとのワクワクドキドキの感動的な出会いが魅力。豊かな自然の中で楽しめるアトラクションも充実しています。

▶︎ コスタリカ特設ページはこちら

▶︎ 週刊NY生活にアムネットのコラムが掲載されました!

2022年4月1日より、オンライン事前申請、保険加入、ワクチン接種証明の提示も不要になりました。

 

1. 出発72時間以内にオンライン検疫申告書に入力

出発72時間以内に、コスタリカ社会保険庁(CCSS)が定めるオンライン検疫申告書にウェブサイト上で入力が必要です。
https://salud.go.cr/

8/12現在、陰性証明書や隔離、接種証明書は求められていません。

 

2. 海外旅行保険に加入

滞在中に万が一新型コロナウイルスに感染した際に対応可能な、下記の条件を満たした旅行保険に加入している必要があります。

1. 旅行期間が保険期間に含まれていること
2. 新型コロナウイルスの治療費用(50,000USD)が保険対象になっていること
3. 罹患した場合の滞在延長費用(少なくとも2,000USD)が賄えること

もし保険に加入していない場合は、下記のWEBサイトから旅行期間だけコスタリカ政府の保険に加入することもできます。
https://www.ins-viajero.com/travelinsurance

★ワクチン接種が完了している方は保険加入は必須ではありません。

 

お問い合わせ・お見積もり ▶︎

 
 

Puerto Rico(プエルトリコ)

マイアミからは直行便でたったの2時間の、カリブ海にあるアメリカ領の島。ナイトライフから歴史、文化まで、都会とビーチ、アウトドアを存分に楽しむことができるのが魅力。

※下記はアメリカ発着の場合の情報となります。

2022年3月10日より、オンライン事前申請、陰性証明およびワクチン接種証明の提示が不要になりました。

 

1. オンラインでTravel Declaration Formの入力

事前にオンラインより入国フォームを入力、ワクチン接種証明をアップロードいただき、QRコードを取得してください。このQRコードの提示により入国できます。

 

2. ワクチン未接種の場合陰性証明書を提示

ワクチン未接種の場合、入国2日以内に行われたPCRまたはAntigenテストの陰性結果を入国時に提示、あるいは到着後48時間以内に検査を受け、陰性結果が出るまでの間は隔離が求められます。

陰性結果を提示しない場合は罰金に加え、7日間の隔離が求められます。

★アメリカに戻る際は陰性証明書は必要ありません。

 
 

▶︎ その他カリブ海入国に関するリンク集

 

アムネットではスペシャルプライスでパッケージをご用意しております!
アムネット バケーション/テーマパークデスクまでお気軽にお問い合わせください。

 

Cancun(カンクン)Q&A

Cancun(カンクン)シリーズ第1弾

Cancun(カンクン)シリーズ第2弾

Cancun(カンクン)シリーズ第3弾

Cancun(カンクン)シリーズ最終回

#旅ピBLOG

 

★現在アメリカ国外へ旅行後にアメリカへ入国の際、新型コロナウイルスの検査を受けて取得した陰性証明書やワクチン接種証明等が必要となります。詳しい情報はこちらをご確認ください。
★現在地域により移動制限等が発表されておりますので、旅行に関する州および地域の推奨事項または要件現地大使館・総領事館からの安全情報をご確認ください。

 
 

アムニーくん

各種ツアーのお問い合わせ・お見積もりはこちら

 

▶︎ 日本行きのお問い合わせはこちら(週7日営業中・祝日除く)