fbpx
 

#旅ピBLOG Tag

こんにちは! 日本では非常事態宣言が出たり、水際対策もより強化されたりと、ルールが頻繁に変わっていますね。気になることは、何でもアムネットへお尋ねください! カンクンはご安心ください。安全対策万全です。今回は私が昨年サンクスギビングで友人と2人で過ごした、カンクンおススメ3泊4日の楽しみ方をご紹介します! ※1月26日(火)より、海外からアメリカに航空便で向かう全ての乗客は、陰性証明書を提示する必要があります。詳しくはこちら ▶︎   ホテルに着いたらドキドキのお部屋   この旅のお宿は、ホテルゾーンにあるMarriott Cancun Resortにしました。カンクンはオールインクルーシブが有名ですが、2日目にチチェンイッツァ終日ツアーを予定していたり、外に出てまわりたい性格なのでオールインクルーシブにはしませんでした。また、友人がMarriottのメンバーだったので、会員特典として1泊50ドルの、飲食やSpaなどに使えるクレジットを貰えたのもこのホテルにした決め手でした。 14:30にチェックインを終えいざお部屋へ!!!ここでプチ試練が待ち構えていました。ドキドキしながらカーテンをさー!と開けると、美しいオーシャンビューが目の前に広がると思いきや、ラグーン側に窓が向いていました。ラグーンは全く青くないのです。暗い色です。 せっかくのバケーションなのでオーシャンビューが見たいということで、すぐフロントに電話して、なんとか値段と折り合いの付くいいお部屋にアップグレードしてもらいました。1泊当たり50ドル前後の追加料金だったと思います。ホテルをご予約の際はお気を付けください! ホテル近くのLa Isla Shopping Mallというショッピングモールで食事をし、すぐ戻って日が沈む前にビーチでひと泳ぎしました。  波が高くて水着が脱げました。カンクンは下記地図にある赤で示した辺りは比較的波が穏やかです。青で示した辺りは私の写真のように少し波が高めです。 日が暮れるまでビーチとプールで遊び、夜はビーチにあるバーでピニャコラーダとスナックを食べながらごろごろして部屋へ戻りました。 ショッピングモールやそこでの食事、バーについては次回詳しくお届けしますね。   2日目はチチェンイッツァ遺跡ツアー   この日は事前に申し込んでいた、終日チチェンイッツァ遺跡ツアーに参加しました。ツアーは英語ガイド、食事込みで65ドル程。チチェン入場料約20ドルは含まれていませんでした。 午前6時半、ホテルゾーンの集合場所へタクシーで向かい、バスに揺られること2時間以上。 途中でコンビニにも立ち寄ってくれました。午前10時ごろ、チチェンイッツァに到着、体温検査や消毒をして、いざツアー開始です! 英語とスペイン語ガイドに分かれ、そこからさらに1グループ5.6人になるよう分かれました。 チチェンイッツァは古代マヤ文明の英知が敷き詰められた、とっても神秘的な遺跡でした。1000年以上も前の人が作った物とは思えないものばかりです。チチェンイッツァは見るだけではつまらないと思います。必ずガイドをつけて、遺跡の秘密を沢山教えてもらった方が100倍楽しいので、個人で行こうとは絶対に思わないでください!これだけは強く言えます! この写真はガイドさんがレクチャーしてくれて、撮ってくれました。 2時間ほど遺跡を堪能した後は、バスで移動しメキシコ料理のレストランへ。その後、セノーテへも立ち寄ってくれ、1時間ほど泳いで遊びました。 これでツアーは終了です。ホテルゾーンへは午後8時過ぎごろ到着、体力がまだあり余っていたので、この後にパーティーゾーンへ行き、大音量の音楽と、メキシコ料理、シーシャ、そしてテキーラを沢山楽しんで、満足してホテルへ帰りました。パーティーゾーンといっても人込みではなく、アウトサイドテーブルで楽しみました。他の観光客とのソーシャルディスタンスは十分にありました。気になる方はぜひ弊社のYouTubeをご覧ください。3分30秒あたりから見られます。   3日目は癒しDAY   昨日は精一杯遊んだのでこの日はゆっくりとホテルで過ごすことにしました。 9時半頃、ホテルの朝食ビュッフェを食べることにしました。コロナ対策として、料理は自分でお皿へ盛るのではなく、ホテルのスタッフの方へ欲しいものを伝えるとサーブしてくれました。 お腹もいっぱいになったので部屋へ戻り、友人はジムへ、私は部屋でだらだらし、その後ビーチで遊んでから、午後2時半ごろ、これも事前に予約し、とっても楽しみにしていたホテルのSpaを堪能しました。1時間のオイルマッサージで、100ドルと少しぐらいでした。Spaの前にシャワーやサウナも利用できました。いい香りのする冷たいタオルをもらって、贅沢な気持ちで幸せでした。   最終日4日目はイスラムヘーレスへ   この日の午後7時のフライトでメキシコシティーに行く予定でしたので、それまで朝からイスラムヘーレスへ行くことにしました。イスラムヘーレスはカンクンからフェリーで30分で行ける、小さな美しい島です。Puerto Juarezというフェリー乗り場から行きました。恐らくホテルのスタッフの方にイスラムヘーレスへ行き方を尋ねると、Playa Tortugas かEl Embarcadeoというフェリー乗り場を案内されると思いますが、Puerto Juarezの方がおススメです。確かにその2つの方がホテルゾーンに近いのですが、フェリーの便がとっても少ないのと、料金が割高です。そこまで距離も変わらないので、便も1時間おきに出ていて、料金も安い(往復約15ドル)Puerto Juarezが良いです。 Playa Norteというカンクンで一番美しいビーチと言われている場所にある、Mayan Beach Clubへ行きました。イスラムヘーレスのビーチはホテルゾーンに比べて非常に穏やかで、水着も脱げることなく、ビーチを楽しむことができました。 お店の人と交渉して1時間35ドル+チップでリラックスマッサージも受けました。波音を聞きながらマッサージを受けてしまったら、やっぱりすやすや寝てしまいました。もったいない! イスラムヘーレスをゆったりと堪能し、午後5時のフェリーに乗って、カンクン空港へ向かいました。 こんなカンクンの過ごし方はいかがでしたか?沢山遊びながらも、リラックスすることができたバケーションで、心も体もリフレッシュすることができました! 次回からは1日の内容をもっと詳しくお伝えさせて頂きます。食事なども気になるところだと思います!どうぞお楽しみに! より旅のイメージを持って頂けるかと思いますので、ぜひYoutubeもご覧になってください! ▶︎ カンクンの詳細はこちら ▶︎ #旅ピBLOGバックナンバーはこちら...

明けましておめでとうございます。 皆さま2020年はいかがでしたか?弊社アムネットも旅行会社としてチャレンジングな一年でありましたが、お客様のお役に立てる事の喜びに、改めて感謝する年でもありました。2021年も、どうぞよろしくお願い致します。 そして、新年初新企画ということで、カンクン旅行ブログをはじめて参ります!!! 実は私、昨年のサンクスギビングにカンクンへ3泊4日、タスコ(Taxco)、メキシコシティーに友人と2人で行ってきました。2020年、旅行することに飢えていたので、とーーーっても楽しかったです。 カンクンはアメリカからのアクセスも良く、コロナ対策も万全で、治安も問題なし、天気は最高ということで、今一番注目を浴びている人気デスティネーションなのです。 そんなコロナ禍におけるカンクンについて、書いていこうと思います。 今回はニューヨークから出発して、ホテルに到着するまでの様子をご紹介します。   LGA発FLL経由でカンクンへ   ニューヨークからカンクンは現在各航空会社、毎日運航しております。私はSpirit航空を利用しました。 午前6:30LaGuardia空港→Fort Lauderdale空港経由→Cancun空港午後12:30に到着しました。乗り継ぎ時間も含め、トータル6時間程でした。 直行便ならニューヨークから4時間、ダラスから2時間半、ロサンゼルスから4時間半ほどです。 Spirit航空は荷物制限が大変厳しいということで有名です。少しでも超過すると、追加料金がかかりますのでご注意ください。超過分は当日空港で手続きをすると割高になるので、あらかじめオンラインで済ませておくとベストです。 Fort Lauderdale空港ではゲート前にアナウンスで呼び出され、帰りの航空券を持っているかどうか、確認されました。   安心・簡単のカンクン入国   入国はとっても簡単!PCR検査はなく、診断書持参も不要で、通常と変わりありません。1週間ほどの滞在期間ですので、日本パスポートならビザもいりません。(日本からアメリカ経由でメキシコへ入国する際はESTAの申請が必須です)マスクは必ず着用、サーモグラフィーによる検温がありました。 入出国フォーム(ツーリストカード)を機内で記入し、入国の際に提出すると、半券が返ってきますが、出国時に必要なので無くさないよう注意してくださいね!   シャトルバスで楽々ホテルへ   入国審査を終え空港の外へ出ると、たくさんのツアー会社やタクシー、シャトルバスの人達でとっても賑やかでした。 今回ホテルはホテルゾーンにあるMarriot Cancun Resortです。今回はシャトルバスでホテルまで向かいます。他にはバスやタクシーで行く方法もありますが、安全で値段も良いので専用車送迎が一番おススメです。初めてカンクン旅行の場合は空港到着後にどちらに進めばいいか戸惑うので、誰かが待ってくれているのはとても安心ですね。 シャトルバスに乗る際も荷物を消毒してくれました。 ホテル到着後も検温、靴の消毒、チェックイン時にはコロナに関するポリシーと、体調などに関する用紙を記入しました。   次回はカンクン3泊4日の楽しみ方   チェックインを終え、部屋に到着したのが14:30!ここまで難しいことは何一つありませんでした。 よーーし今から遊ぶぞーーーーーー!!!ということで、次回はカンクン3泊4日の楽しみ方をお届けします! この旅の様子をYoutubeにもアップしております。よりカンクンの安全度と楽しさをお伝えできると思いますので、ぜひご覧になってください! それではまた次回、お楽しみに!! ▶︎ カンクンの詳細はこちら...