<7/29更新>

検疫強化に伴うアメリカから日本への入国体験談

現在アメリカから日本に入国する方は、全員に新型コロナウイルスの検査と14日間(入国翌日から起算)の待機が要請されています。(8月末まで延長)

実際はどうなの?
そんな疑問をお持ちの方に、アムネット社員やお客様の実際の体験談をご紹介いたします。

※掲載の内容は予告なく変更となる場合がございますので、最新情報をご確認ください。

 

体験談1 お客さまA様

時期:7月上旬
利用路線:ANA・成田着
入国後:ホテルで検査結果を待ち、判明後自身が確保したホテルへ

・クラス、ステータスに関係なく窓側席の方から搭乗
・エコノミーの場合1席あけて座るぐらいの混み具合
・検査結果が出るまでの2泊3日は政府指定のホテルにて待機

<到着後の流れ>
機内にて質問票の記入
※国際線乗り換えの方から順に降機のため、日本入国の方は待機
※降機後は机などがないため機内で待機中の記入がおすすめ
  ▼
降機後パイプ椅子にて待機(約1時間)
  ▼
1人ずつ検疫官と面談(数分)
  ▼
PCR検査
  ▼
政府指定ホテル行きのバスが来るまで待機場所にて待機(約20分)
※簡単なサンドイッチ、お菓子、バナナ、お水などは自由
  ▼
バスが用意でき次第20名ほどで移動
  ▼
政府指定ホテルへバスで移動
※宿泊するホテルは到着まで不明(ホテルによっては移動に1時間ほどかかることも)
  ▼
ホテルに到着後、スタッフからホテルでの過ごし方について説明
  ▼
1人ずつ部屋番号が書かれた小さい紙をもらい下車
※ルームキーをもらえないため、入室後は部屋からの退出不可
  ▼
スタッフとともに1人ずつエレベーターに乗り各自の部屋へ
※検査結果前なのでスタッフによる荷物運びの手伝いはなし
※ホテルでは1日3食お弁当が部屋まで運ばれてくる(足らない場合に備えアメリカ出国前に軽食を用意しておくのもおすすめ)
※部屋に用意されている用紙に記入(検査結果が出た後の行動について記入後、ドアに貼り付けるよう指示)
  ▼
2泊3日後の朝8時に内線で検査結果の連絡があり、陰性のため帰国者用バスに乗って自身が予約したホテルへ移動

 

体験談2 お客さまB様

時期:7月上旬
利用路線:ANA・成田着
入国後:ホテルで検査結果を待ち、判明後ハイヤーで自宅へ帰宅

・ご家族のことを考慮し、検査結果が出てからのご帰宅を希望
・検査結果が出るまでの2日間は政府指定のホテルにて待機

<到着後の流れ>
機内で配布された記入書類を検査前に提出
  ▼
検温(2〜3分)
  ▼
PCR検査(1〜2分)
  ▼
入国審査、荷物受取り
  ▼
待機場所にてホテル行きの指定バスが来るまで待機
  ▼
少人数のグループごとに担当の警備員が付くため自由行動不可(2.5時間程度)
  ▼
政府指定のホテルへバスで移動
※ホテルでは1日3食お弁当が部屋まで運ばれてくる
  ▼
2日後、検査結果が判明しホテル退去

その後の待機場所が決定していない場合はその場で他ホテルの予約サポートあり(但し自己負担)

 

体験談3 お客さまC様

時期:6月中旬
利用路線:JAL・羽田着
入国後:空港近くのホテルに1泊後、レンタカーで名古屋へ

・機内にはそれなりに人がいるが、3人掛けの真ん中は空いている状態
・入国後は自己手配のホテルに1泊の予定のため、空港にて検査結果待ち

<到着後の流れ>
機内にて申告書を記入(14日間の待機場所や交通手段を記入)
  ▼
着陸、機体前方の乗客から順番に降機
  ▼
最終グループ降機
  ▼
PCR検査の説明
  ▼
検査開始(自宅に帰る方から順に)
  ▼
検査結果待ち ※お弁当とお茶の配布有り
  ▼
検査結果報告
  ▼
入国審査後、解散(循環バスで予約していたホテルへ移動)

近くのホテルに1泊し、レンタカーにて愛知県へ移動

 

体験談4 お客さまD様

時期:6月中旬
利用路線:Delta・羽田着
入国後:自宅待機

ご家族のことを考慮し、PCR検査の結果を待っての帰宅を考えていたが、同日中に結果が出るか分からないとのアナウンスがあったため、検査結果を待つことをあきらめ、迎えに来てもらい帰宅

<到着後の流れ>
機内にて質問票の配布
  ▼
着陸後一旦待合室にて待機(書類の回収、検査の説明)
  ▼
PCR検査(子供のいるグループ優先)
※やはりお子様には辛いようで、泣いている子が何人か見受けられた。
  ▼
待合室に戻り結果が出るまで待機
  ▼
検査結果が同日中に出ないとのアナウンス

家族に迎えに来てもらい、自宅へ帰宅。3日後にメールにて検査結果通達。

※税関を出た後は警備の方が付くこともなく、個人の判断での行動
※ハイヤーやレンタカーを予約していた人は、待合室から予約変更を連絡
※自宅待機以外の人は指定のバスでベイエリアのホテルに移動し、2泊3日の宿泊が可能

 

体験談5 お客さまE様

時期:5月末
利用路線:Delta・羽田着

<到着後の流れ>
着陸・降機後、指定の待合所に誘導され、検査まで待機
  ▼
PCR検査
  ▼
検査結果が出るまで24時間以上かかるとのことで、指定のバスでホテルへ移動
※ホテルは1人1部屋で、お弁当の配布有り
  ▼
翌日1:20PMに検査結果が報告され、順に解散
  ▼
14日間の待機中保健所からの連絡はなく、最終日に電話があった

 

体験談6 お客さまF様

時期:4月中旬
利用路線:NY▶︎成田
入国後:ホテル待機

<到着後の流れ>
降機後、PCR検査
  ▼
自宅以外で隔離の人は全員名古屋空港へ輸送され、検査結果待ち
  ▼
検疫所が指定したホテルにて2泊
  ▼
名古屋から再び成田へ輸送され解散、自身で手配したホテルへ

 

体験談7 お客さまG様

時期:4月初旬
利用路線:NY▶︎羽田
入国後:自宅待機
その他:ペット同伴

<到着後の流れ>
ペットの検疫に関しては旅行前に書類等手続き
  ▼
降機後、ロビーで待機、検査の説明(約10分)
  ▼
PCR検査
  ▼
入国手続き・税関通過の後、解散

 

体験談8 お客さまH様

時期:4月初旬
利用路線:NY▶︎成田
入国後:ホテル待機

<到着後の流れ>
降機後、PCR検査
  ▼
結果が出るまでは検疫所指定の場所で待機するよう言われ、ホテルへ向かえず
  ▼
検疫所の用意した成田空港近くのホテルへ
  ▼
結果待ち(2泊)
  ▼
陰性と判断され、自身で手配したホテルへ

・ホテルを利用する場合は、予約の段階でアメリカからの帰国者であることを伝えておきましょう。
ホテルによっては、チェックインの際に宿泊を拒否されるケースもあるようです。

・ホテルへのチェックインが遅れる場合は、必ず電話で連絡しましょう。
連絡がない場合宿泊しないものと見なされ、キャンセルされてしまいます。

 

体験談9 お客さまI様

時期:4月初旬
利用路線:LA▶︎関空
入国後:自宅待機

<到着後の流れ>
機内にてサーモグラフィーによる検温、書類確認
  ▼
順番に降機し、検査室で待機
  ▼
PCR検査(1分ほど)
  ▼
結果報告の方法について説明があったのち解散(降機から75分程度)
  ▼
レンタカーで自宅へ

・14日間の待機中、日本国内線の利用ができません。
現在は関空行きのフライトもないため、ご予約前に宿泊場所を確保しましょう。

・レンタカー会社の開いている時間を調べておきましょう。
検疫等で時間を要し、間に合わなかったケースもあるようです。

 

体験談10 アムネット社員

時期:4月初旬
利用路線:NY▶︎成田
入国後:自宅待機

<到着後の流れ>
到着後、30分ほど機内で待機
   ▼
10名ずつ降機、PCR検査(約1分)
   ▼
自宅待機のため、検査結果は電話かメールで連絡と伝えられ解散
   ▼
ハイヤーで自宅へ

 

このようにご利用空港や日時によって対応は様々です。事前にその内容を知ることはできませんので、柔軟に対応する気持ちでの帰国が必要ですね。

アムネット社員一同、事態の沈静化、皆さまのご安全を心よりお祈りいたします。

 
 
(外務省ホームページ)
(厚生労働省ホームページ)
(法務省ホームページ)
 
 
※内容は予告なく変更となる場合がございますので、最新情報にご注意ください。ご利用予定のフライトの運航状況、キャンセル・変更等の特別措置につきましては、各航空会社へご確認ください。
Tags: