fbpx
 

<#旅ピBLOG>

「渡航制限がない!カリブ海リゾート カンクン旅行」体験談④

こんにちは!今回は、先日カンクンへご旅行になったお客様からの体験談をご紹介いたします!今回はダラスに在住のW様より#旅ピブログ初登場のアダルトオンリーオールインクルーシブホテル「ハイアットジラーラ」滞在3泊4日プランの体験談をお届けいたします。お楽しみください!

※4月21日現在、アメリカ国外へ旅行後、アメリカへお戻りの際は新型コロナウィルスの検査を受けて取得した陰性証明書が必要となります。詳しい情報はこちらをご確認ください。また、本体験談<現地でのCOVID-19検査>欄にて現地での検査について記載がございますので合わせてご確認ください。

 
旅程
 

<1日目>
  アメリカン航空便でダラスを出発
午後 直行便にてカンクン到着
   ホテルへ移動(日本人専用車送迎利用)

【ハイアット・ジラーラ泊】


<2-3日目>
終日 自由行動

【ハイアット・ジラーラ泊】


<4日目>
  ホテルチェックアウト後空港へ移動(日本人専用車送迎利用)
   アメリカン航空直行便でダラスへ向けて出発

 
飛行機&空港
 

アメリカン航空や、機体そのものについては、特段意見はございません。これに付随する点として、復路のオンラインチェックインについて、チェックインカウンターにて「陰性証明を提示してからチェックイン」となることから、ホテル等で事前にオンラインチェックインはできません。

 
往復送迎サービス(日本人ガイド付き専用車)
 

道中約30分は、ガイドの西村さんと色々と会話をしていただき、現地事情などを伺うことができました。初めてのカンクン旅行であったので、大変助かりました。

また、往路はホテルのチェックイン、復路は航空機のチェックインまで同行いただき、返答や対応に困った際に助けていただきました。カンクン慣れしている方や英語に自信がある方であれば、不要かと思いますが、カンクンが初めてであった我々にとっては大変ありがたく、心強いものでした。

 
ハイアット・ジラーラ
 

お部屋

若干の古さを懸念しておりましたが、内装は清潔感にあふれるものでした。また、タブレットが常備されており、このタブレットを通じてスパの予約、ルームサービスなど、ほぼ全てのサービスの予約・依頼ができます。また食器の返却などは部屋に備え付けの小窓スペース入れることで、ホテルスタッフと直接対面することなく、ルームサービスを受け取ることができました。コロナ禍ですので、対面での会話等を避けたい方にとってはとても良い設備であると思います。

部屋の清掃はとても丁寧で、毎日必要なものを必要なだけ補充してくださり、とても安心感がありました。総じて大満足ではありましたが、唯一気になったのは防音レベルです。イースター時期ということもあり、夜間まで盛り上がりがありましたが、「隣の部屋の物音」「廊下の物音」が聞こえてしまう印象を受けました。裏を返すと我々の声も聞こえてしまう可能性があるので、少し気を遣う必要があるなと感じました。

レストラン

計3泊4日の旅行で全制覇を目指すべく使用したのは、以下となります。また間食としてCasa del Caféもかなりの頻度で使用していました。

・4/2 Dinner:Marie Marie
・4/3 Lunch:Pelicanos
・4/3 Dinner:Asiana
・4/4 Lunch:Spice
・4/4 Dinner:Marie Marie
・5/5 Lunch : Pelicanos

どの料理もとてもおいしく魅力的なものではありましたが、特に我々が気に入ったのは、Marie Marieです。メキシコ料理もおいしいですし、追加料金ではありましたが、メキシコ産ワインも飲むことが出来、大変充実した夕食になりました。(ワインも飲みやすくて最高でした)

各レストランのウェーターさんは、日本人の我々に対してとても気さくに話しかけてくれたり、場を盛り上げたりしてくれたりと、食事だけでなく、とてもアットホームな雰囲気でした。

無料アクティビティー

参加しませんでしたが、アクティビティーとして、プール内でバレーボールが行われていました。今となっては「参加しておけばよかった」と悔やんでいますが、ミスをしても責められるようなことはく、とにかく皆で楽しむ!というオーラ全開のアクティビティーでとても楽しそうでした。

参加型のアクティビティーではありませんが、毎晩ロビーでショーがあります。我々は2日間見ましたが、アクロバットや歌、踊りと賑やかなもので、見ていて楽しいものでした。

ホテル全般

感染症対策としては、至るところにサニタイザーステーションがあり、心配する必要は一切ありませんでした。また不特定多数のお客さまと接するホテルスタッフは、マスク・手袋を着用しているので我々としてもとても安心感がありました。

ホテルスタッフの皆さんは「丁寧」「親切」で、嫌な思いをすることは一切ありませんでした。お客様は圧倒的に欧米の方が多いですが、もともと日本人観光客が多いという背景があるからかもしれないですが、日本人に対してとても友好的な印象を受け、疎外感を感じることも一切なく、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 
現地でのCOVID-19検査
 

ホテルでの陰性証明取得までの流れは、①テストの予約、②テスト、③結果の受領となります。テストを受けてから結果を受領するまでには24時間必要であること、出国から72時間以内の結果が必要であることを踏まえ、検査の予約をする必要があります。今回は3泊4日だったので、チェックインと同時にテストの予約を行いました。混雑具合により、テストを受けられるスロットも限られてくるため、可能な限り早めに予約を取ることをお勧めします。

予約をする際には、AntigenかPCRかを「宿泊者」が決めなければなりません(ホテル側は判断する立場にないとのこと)。そのため、帰国時に必要な検査が何であるかを正確に確認する必要があります。4/6/2021に米国に戻った我々は、「Antigen」で問題なく帰国することができました。

 
まとめ
 

「旅行ってこんなに楽しかったのか」、そんなことを強く感じた4日間でした。コロナが蔓延し、「旅行」という二文字からしばらく遠ざかっていたからこそ、感じたのだと思います。もちろん、リスクとは常に隣り合わせで適度な緊張感を持ち続けなければならない側面はありますが、そのリスクをきちんと理解し、できる限りコントロールすれば、旅行も不可能ではないことを実感しました。

また、今回の旅行の主目的がI-94更新でしたので神経を使いましたが、結果的には無事に更新されました。事前の準備としては、「パスポート」「VISA」「(手元にある)最新のI-94」です。イミグレーションでは、パスポートとVISAを提示し、特段目立った質問などもなく、パスポートに押印を受け、入国、という流れでした。

アムネットさんは「迅速」「丁寧」なご対応であり、初の海外旅行者としてはとても心強かったです。我々の旅行の主目的はI-94の更新であり、更新できなかったら・・という不安が常にありましたが、多くのコミュニケーションを通じてこの不安を解消してくださいました。状況が落ち着いたら、再度カンクン行き、史跡巡りをしたいと思っていますが、その時もアムネットさんにお願いしたいと思っています。

 
アムネットより
 

落ち着いた雰囲気のアダルトオンリーのホテルで、日ごろの疲れを癒して贅沢な滞在時間を過ごされたW様の体験談、いかがでしたでしょうか?4/21現在カンクンの感染症危険情報レベルは4となりますが、ホテルの稼働率65%でお客様をお迎えしております。

ワクチン接種が本格的に始まり、夏頃には旅行がさらにしやすい環境になっている事と予想しています。

▶︎ 弊社おススメのカンクンパッケージはこちら

<お住まいの州の旅行規制に関して>
現在、州によりましてご旅行からお戻りの際、新型コロナウィルス陰性証明書の提出や、専用フォームの提出、14日間の自主隔離義務などを勧告している場合がございます。
弊社では各州や自治体の勧告によるご旅行の影響に関し責任を負いかねますので、必ずあらかじめご自身でお住いの州及びご渡航になる州の発表内容など十分にご確認の上ご旅行いただきますようお願い申し上げます。
上記の理由によるキャンセル時もキャンセル料金は発生いたします旨どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

▶︎ #旅ピBLOGバックナンバーはこちら